BLOG興味・関心・日々の出来事

マルボロ音楽祭での日々

  • 2017年08月03日UP(MUSIC)
  • みなさんお元気ですかーーーー?

    東京の気温が少し下がったと聞きました。きっと過ごしやすくなったことでしょう!

    急な気温変化、どうぞ風邪にはご注意を。
    さてこちらは山の中、暑かったり寒かったり毎朝「今日は暑い日寒い日?」という会話がなされその日着る服を決める毎日です。

    音楽祭も後半戦の後半、あと2週間ほどで解散。

    長かったようなあっという間だったような。
    住んでいる部屋のすぐ近くにコンサートホールがあり、日中そこでリハーサルが行われています。

    聴きにいかない手はない!ということで散歩を兼ねてトコトコ。

    毎日いろいろ聴いています。

    もちろんこちらに来てから組むグループなので常設カルテットとは出てくる音が違います。

    そしてグループや音楽家に求めることも少し違うように思います。
    いかに音でコミュニケーションが取れるか、というのでしょうか。

    「室内楽だし当たり前じゃない」もちろんそうなんだけど。

    ここに来ているとっても弾ける若い人たち、柔軟な人もいるけれど自分の思った通りにしか弾けない人もいる。

    室内楽だと他の考えを持った他人と弾かねばなりませぬので、それは通りません。
    コミュニケーションと言ったけど、人とのコミュニケーションと同じ。

    我を通してばかりじゃ道理通らぬ、というのかな。

    ああ、(ため息)、自戒の念を込めて。いままでのことが走馬灯のように頭を駆け抜ける。。。
    ここへ来て今まで当たり前に思っていたことを学びなおしているようです。

    こんな経験するとは思わなかったっていうことの連続だけど、それも悪くない。


    ※バッハカンタータのリハーサル@ダイニングホール。

    ダイニングホールではいつもみんなでがやがやご飯を食べますがリハーサル会場にもなります。

    夫制作のオルガンが見えます。チェンバロの音も出たりなかなかの優れものです。

懐かしいものを発見しました

  • 2017年07月27日UP(MUSIC)
  • ここヴァーモントは昨日まで雨がざんざん降っていて気温も10度近辺をウロウロ、とっても寒く、身体は縮こまり、気持ちもなんだか下向きで。お腹空かないし!とごねて夜ごはん食べにでなかったり...

    なんともかんとも手に負えないヒトになっていたと思う(オットごめんね)
    一転して今朝起きてみたら雲ひとつない空!もうラーララー♪ってな感じで足取りも軽く(車に乗って)、朝食を機嫌よくパクパク食べて。

    そうよこうでなくっちゃわたくし。
    そんなこんなな午前中、調べ物をしていたらこんな懐かしいところに行き着きました。

    東京音楽コンクール入賞者
    もう9年前のことですがいろいろなことを思い出し、このコンクールで得た経験に大いに感謝しました。

    大きくても小さくても、何かを目標にすること。その目標を達成した時の成功体験、うれしさは人生の宝物。

    決して華々しいコンクール歴ではありませんが、その経験はかけがえのないものだなぁ。
    これからの人生も何かを目標に設定して達成していく、ゆるゆると。

    応援よろしくお願いします!



    (これまた懐かしい写真!高崎・山名八幡宮での巫女ばいおりにすと。)

第1回 加藤知子と門下生によるヴァイオリンセミナー&コンサート

  • 2017年07月23日UP(MUSIC)

  • 実行委員長のまりちゃん()の言葉が全てを語る。
    いままでにない形のイベントになりそうです。音楽を志す人間の言葉と音楽、ぜひ体験しにきてください!

これから

  • 2017年07月21日UP(徒然)
  • これから、とタイトルに書いてふと思い佇む。ようやく少し先のことを考える余裕ができたんだな、私。今さら?全く自分で自分のことを少しもわかってなかったんじゃない、と少し腹立たしくもなる。うーん、(経験はないけれど想像するに)滝行のような日々だったんだと思う。滝行中の人は水を冷たく感じなかったりするらしい。無我の境地?経験積みましたね、私。
    これから、とにかくなんでもいいから英語でコミュニケーション。攻めのコミュニケーション。何回聞き返されてもめげずに!あきらめず。あわてず。自意識過剰、ダメそれホント。素のままでいい。
    これから、ホームページをリフレッシュします(宣言)。少しずつ動いているところ。今年中には必ず。そうすると写真も新しくしたいし、そうなればちょっと身体も絞りたい、かも?な?
    これから、ON TOURの活動を増やす。そうするとまずは無伴奏のレパートリーがもっともっと欲しいところ。増やすぞー弾くぞー。

    日本や西洋の古き良き歌、バッハやビーバー、イザイ、そしてバルトークなどの無伴奏ヴァイオリンのための作品、もちろん竹内邦光先生の落梅集(これは外せません)などなど、、、ヴァイオリンDuoやヴィオラやチェロ、それにギターとの共演もいいですね。
    どんなところでも弾きます、どんな小さなことでもご相談ください☆  (レパートリーをホームページでご覧いただけるよう目下準備中) 
    これから、これから、これから。It's never too late, JUST DO IT !!!!

マルボロです

  • 2017年07月16日UP(未分類)
  • 今年も来ました。

    The Green Mountain State, Vermont!!!!

    アメリカの北海道?のびのびと牛たちが草を食み、広がる青い空に映える緑の山々。マルボロはそんなところにあります。でもさすが山の中。女心と秋の空、ではありませんが相当心変わりが激しいですよここのお空は。
    フィラデルフィア郊外の住まいも自分にとっては都会の喧騒離れ、、、という場所なのですがここはまた格別。時間がとっても味わい深く流れます。

    しかしアーティストの集団の中に身を置いているので日々刺激がたくさん。そしてフィラデルフィアにいるときの何倍もの勢いでの英語圏にいる実感が体当たりしてくる。。。あぁアジア人の優しさよ。言わなくてもなんとなくわかってくれるあなたの懐の深さ。。。もちろん欧米人の人たちも音楽家だし人間大きいので察してくれはするのです。でもやっぱり言葉できちんと自分の思ってることを言う、それ1番。イチバン大事。

    自分が怒っているんだ、文句言いたいんだ、ってことも言わなきゃわからん。コミュニケーションの基本だけど。

    何を今更、と言われちゃいそう。うん、海外で基盤を作ってしっかり足をふんばって立っている友達、尊敬してます。私もやってみる。出来るよね、きっと。
    楽器を手に取れる時は新しい曲を読んだり、弱いとこのリハビリを兼ねた強化練習をしています。

    室内楽に早く戻りたいよー。その日までしこしこ磨くのです。

ブルッフを終えてから

  • 2017年07月09日UP(MUSIC)
  • お久しぶりです!前回の投稿から随分時間が経ってしまいました。。。反省!

    ブルッフのスコットランド幻想曲。Twitter@inoueshizukaでは訥々と呟いていましたが無事終了しました。

    オーケストラの皆さんと一緒に旅した音楽。スコットランド民謡をベースにした旋律に流れる深く温かな心、大いなる自然への畏敬の念を感じながら演奏できたこと、本当に感謝です!

    今回共演させていただいた星陵フィルハーモニー管弦楽団は普段は別の仕事で活躍されている方々で構成されているアマチュアオーケストラ。いつも思うのですが、日々の仕事・生活をしながら好きな音楽を続けることには様々な困難や制約があり、その中でやっぱり弾きたい!という気持ちを持ちながら参加されていることが本当に尊いことだとしみじみ感じました。
    演奏会終了後、その日のうちに新潟に戻り、翌日から佐渡へ。

    新潟県文化振興財団主催のアウトリーチコンサートで特別支援学校と特別養護老人ホームに伺ったのですが、非常に反応が良く、いつも黙ったままのおばあさんがコンサートの時に喋ってた!と職員の方がびっくりされていたこと、生徒さん以上に先生方が楽しんでくださっていたことが心に残っています。
    故ロストロポーヴィチ氏と小澤征爾氏とのキャラバンコンサートでわかっていたことではあったのですが、よく聴かれる小品や童謡よりも皆さんに集中して聴いていただけたのは真剣勝負のモーツァルトのデュオやヘンデル=ハルヴォルセンのパッサカリアでした。

    アウトリーチだからこそみんなが知っている曲(みんなが聴きたいもの)と知らないけれど素晴らしい作品(こちら側がプレゼントしたいもの)のバランスが大事だと思いました。
    子連れで仕事をしたのですが、それを快諾してくださった財団、共演者の佐々木友子さんに感謝します。(もちろん演奏中見ててくれた両親にも。) 財団の車にはチャイルドシートまでつけてくださっていて感激!!
    キャラバンコンサートに参加したそれぞれが演奏していく意味、そして使命を帯びたと思っています。

    これからもいろいろな場所で演奏して行きます!



    Twitterで日々のことなどを発信中。@inoueshizuka

    フォローよろしくお願いします!

帰国しました!

  • 2017年05月24日UP(MUSIC)
  • いま思い返しても嵐のようでしたが(まだまだ嵐の渦中ですけれど)、GBEが終わった翌々日、飛行機に乗って日本へ。

    日本時間の土曜日の午後無事帰国しました。

    休む間も無く日曜日には5/28の演奏会のためのリハーサルへ出掛け、月曜・火曜には中野雄先生の成人講座で弾かせていただきました。

    講座でご一緒したピアニストの安斎千絵さんと。


    月曜は2回の講座がありましたが、アドレナリンがたっぷり出たのでしょうか、2回目もへこたれることなく無事に演奏することができました。

    火曜日の方はやはり前日の疲れが取れず。でも一生懸命務めさせていただきました。

    今回講座に作曲家の竹内邦光先生がいらしてくださり、先生の作品のこの道・城ヶ島の雨、落梅集も演奏しました。

    この作品を作曲者の前で演奏するのも、光栄なことに片手では数えられないくらいになりました。今後も演奏する機会増えますように。
    いま、しばし休養中です。スコアなど見ながら、身体を休めています。

    日曜日に精神的にも肉体的にもなるべくいい状態に持っていけるよう、できる限りリラックスしようと思います。

GBE ガムットバッハアンサンブル@フィラデルフィア

  • 2017年05月22日UP(MUSIC)
  • 5/17、ヴィオラでフィラデルフィアデビューしました。

    夫、大槻晃士が主催するバッハのカンタータを演奏するグループ、ガムットバッハアンサンブル。

    初めてカンタータを演奏してみて、バッハが前より好きになりました。

    幸いなことに12月にももう一度ヴィオラで参加することが決まっているので、今から本当に楽しみにしています!

    改めて、家族の理解とサポートに感謝です。

渡米とその後

  • 2017年04月26日UP(徒然)
  • ご無沙汰をしております、フィラデルフィアからの投稿です。

    さて、ついに手にしたビザの貼られたパスポートを手に渡米したのが1/18でした。

    実はこの時、臨月。。。!

    長時間のフライト、大丈夫かなとやはり心配も多少したりされたり。でもいつもとほぼ変わらない旅になりました。

    今回はとてもレアなケースで(笑)夫と一緒のフライトだったので、安心して過ごすことができました!
    ニューアーク国際空港には夕方着陸。そこからフィラデルフィア郊外の自宅まで車で1時間半。

    その晩にはフィラデルフィア郊外の自宅に着いて、カレーうどんを食べた、、、記憶があります(笑)

    食は優先順位の中でもいつも上位に入る私なので、その辺は疲れていても全う♫
    そこからはアメリカでのクリニックに週1回通ったり、エコーをとりにいったり、病院通いがメインの生活に。

    その間、バスや地下鉄に乗ることを練習したり、郊外にある自宅からセンターシティに行く練習をしたり。全部が全部、小さな冒険!

    ドキドキしながら少しずつ生活の基盤を整え、慣れようとしたように思います。
    だんだんお腹が重くなって行くにつれ重心が下がり、アレ?楽器を弾くのが楽になったなぁと思い始めたら息子が産まれてきました。

    今は子どもとの生活にもやや慣れて、目の前の子どもの事でいっぱいになった自分が少しずつ、以前の感覚を取り戻そうとしているところです。
    さて、そんな慌ただしい日々ですが演奏情報です。
    夫の主催するGBE(ガムット バッハ アンサンブル)にヴィオリストとして参加します。

    https://www.pcmsconcerts.org/concerts/gamut-bach-ensemble-2017/

    知れば知るほど無尽蔵、と思わされる夫のバッハへの知と愛。。いち奏者として関われることに感謝します。
    そしてそれが終わったら日本行きが待っています。

    5/22は早稲田大学エクステンションセンターで中野雄先生の成人講座での演奏

    5/23は朝日カルチャーセンター新宿校で、同じく中野雄先生の成人講座での演奏
    そして5/28は紀尾井ホールで星陵フィルハーモニー管弦楽団との共演でコンチェルトを演奏します。

    http://www.kioi-hall.or.jp/20170528k1400.html

    ブルッフのスコットランド幻想曲、、、この作品を演奏する機会を与えられて最高に幸せです!

明けましておめでとうございます

  • 2017年01月07日UP(徒然)
  • みなさま明けましておめでとうございます。

    年末年始、いかがお過ごしでしたか?いつも新潟で年末年始を過ごしていた私にとって驚くべき青空の下、ぽかぽか暖かい勝浦で今年はゆっくりした時間を過ごしました。

    無事にアメリカのVISAも年内に取得することが出来、後は体調を整えて入国に備えるのみ!
    さて、こちらは私の出演情報ではないのですが、2年お世話になり、夫との出会いの場ともなった小樽のヴィオラマスタークラスのみなさんが東京公演をされます。

     

    なかなか聴けない面白い編成での2つの四季。一聴の価値ありです。
    そして、前回ブログでお知らせしておりましたが、もう一度。

    1/31の朝5:00より、11/29に紀尾井ホールで演奏したマーラーの交響曲第4番の室内楽版がNHK-BS クラシック倶楽部で放映されます。

    スリリング、そして編成が小さくてもまるでオーケストラのような響きがするところもあり、そしてパリ管弦楽団のメンバーと紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバーの織りなすアンサンブル。聴きどころ満載です!

    ぜひ聴いていただきたく思います♪どうぞよろしくお願いします!しばらくの間、再放送もあります!